アウトドア日記

個人の日記を兼ねていますので、アウトドア以外の記述があります。

2018年3月31日(土)
舞鶴遊水池の写真です。(NO.2)

(今日の写真)
3月29日に訪れた舞鶴遊水池の写真にしました。

今日もマンション管理組合の用事があったため、撮影には出掛けられませんでした。


舞鶴遊水池 舞鶴遊水池 舞鶴遊水池






舞鶴遊水池 舞鶴遊水池 舞鶴遊水池






舞鶴遊水池 舞鶴遊水池 舞鶴遊水池






2018年3月30日(金)
舞鶴遊水池を訪れました。(3月29日)

昨日(3月29日)は、午前中に長沼町にある舞鶴遊水池を訪れました。

舞鶴遊水池は、国道274号線と国道337号線の交点にある道の駅「マオイの岡公園」の近くにあります。

この舞鶴遊水池は、洪水調整用ダムの機能を持たせています。

並行して流れる「けぬ淵川」の水位が舞鶴遊水池の越流堤の高さに達すると、川の水が越流堤を超えて舞鶴遊水池に流れ込みます。

川の水位が十分に下がったら、逆に舞鶴遊水池の排水門を開けて川に貯水を排出します。

周囲5.8km、貯水容量820万立方mで、平成27年度から供用を開始しています。

したがって、通常は自動排出で残った窪地の水が残る程度で、常に空の状態で運用されます。

江別から舞鶴遊水池の間には、この他にも沢山の遊水池があります。

築堤の上は乗用車で一周できますが、野鳥への悪影響を避けるため、車外に出ないように掲示されています。

築堤と野鳥との距離があるため、超望遠系のカメラをお奨めします。

水面の面積は少ない状態でしたが、野鳥達が沢山羽根を休めていました。

写真1は、野鳥観察小屋に掲示されていたものです。

写真2は、築堤上に造られた野鳥観察小屋で、自由に利用ができます。


舞鶴遊水池






舞鶴遊水池






舞鶴遊水池






舞鶴遊水池






舞鶴遊水池






舞鶴遊水池






舞鶴遊水池






舞鶴遊水池






舞鶴遊水池






2018年3月29日(木)
平岡公園でキクイタダキを撮影しました。

今日は、午前中に長沼の舞鶴遊水池を訪れました。

道路には案内標識が全くなく、途中で一度場所を教えて貰いました。

非常に広大な遊水池ですが、現在は水が少なく数カ所に水が残っている程度でした。

数種類の水鳥を撮影ができたので、明日にでもアップします。

帰路平岡公園に立ち寄りました。

撮影中に、木の枝の先が僅かに動くのを確認して注視すると、小さな野鳥が採餌をしていました。

綺麗な写真にはなりませんでしたが、何とか撮影をすることができました。

非常に小さな野鳥で、撮影中はミソサザイよりも小さいのではないかと感じられました。

自宅に戻ってパソコンで確認すると、キクイタダキでした。

平岡公園をキクイタダキが訪れていることは聞いていましたが、今日撮影ができるとは思ってもいませんでした。

勿論、私としては初めての撮影です。


平岡公園

広場の雪も消えてきました。




平岡公園

ハクセキレイです。
毎年、雪解け後、すぐに訪れているようです。



平岡公園

梅林の雪解けも進んでいます。




平岡公園

人工池です。
水面はまだ完全には出ていません。



平岡公園

キクイタダキです。
私としては初めての撮影でした。



平岡公園

同上
頭頂の黄色がハッキリ判ります。



平岡公園
同上
日本で最も小さいレベルの野鳥です。
撮影中は、ミソサザイよりも小さく感じました。



平岡公園

同上




平岡公園

同上




2018年3月28日(水)
平岡公園の写真です。(3月26日撮影分)

(今日の写真)
3月26日に平岡公園で撮影した写真にしました。

昨日と今日は、用事のため撮影には出掛けられませんでした。

明日は撮影に出掛ける予定です。


平岡公園

アカゲラです。




平岡公園

同上




平岡公園

マヒワです。




平岡公園

シジュウカラです。




平岡公園

同上




平岡公園

キタキツネです。




平岡公園

同上




平岡公園

エゾリスです。




平岡公園

同上




2018年3月26日(月)
平岡公園でエゾリスを撮影しました。

今日は、午前9時すぎに平岡公園を訪れました。

こんなに早い時刻に訪れたのは、昨日平岡公園でミヤマホオジロを見かけたという情報があったためです。

結論的には、出会うことはできませんでしたが、移動途中の野鳥ですので、当然ながら簡単には出会えません。

今日は、久しぶりにエゾリスを見かけました。(写真1,2)

大きな個体でしたので、親と思われます。

昨秋を最後に見かけていなかったので心配していましたが、流石に野生動物ですね。

キタキツネも久しぶりに見かけました。(写真8)

遊歩道で、暫く立ち話をしていたら、その間すわったままこちらを見つめていました。

その後、別々に分かれて行動を開始したら、暫くしてキタキツネが広場を横断して向かいの山に移動していきました。

私たちが立ち去るのを待っていたようです。

今日も一羽のマヒワを見かけました。

写真5を見ると、可愛らしい顔立ちにもみえますが、若鳥なのでしょうか。


平岡公園

エゾリスです。
体の大きい個体でした。



平岡公園
同上
昨秋に見かけた以降は、厳冬期は姿を見せていま
せんでした。無事でなによりでした。



平岡公園

アカゲラです。




平岡公園

マヒワです。




平岡公園

同上




平岡公園

同上




平岡公園

シジュウカラです。




平岡公園

キタキツネです。
同一の個体です。



平岡公園

アオサギです。




2018年3月25日(日)
平岡公園を訪れました。

昼頃に平岡公園を訪れました。

帰路にショッピングモール前の林で営巣しているアオサギを撮影しました。

写真1は、巣の材料を運んでいるアオサギですが、枝の長さは1m以上はありそうです。

湿原では雪が消えた跡に、水芭蕉やその他の草が芽を伸ばし始めています。

水芭蕉の群生地では、かなりの数の芽が伸び始めています。(写真2)

陽当たりの良い場所では、沢山のフキノトウを見ることができます。(写真3)

今日も、マヒワが一羽で単独行動をしていました。(写真4〜6)

出会ったベテランから、クマゲラの食痕(採餌跡)の場所を教えて貰いました。

何時も遊歩道から野鳥を探していた場所ですが、少し奥で薄暗いために、クマゲラの食痕は見逃していました。

今日、ミヤマホオジロを公園の管理員が見かけたとの情報がありました。

野鳥辞典によると、冬鳥として全国に渡来するようです。

北へ移動の途中で、たまたま平岡公園に立ち寄ったと思われますが、滞在は数日と思われるので、撮影は難しいでしょうね。


平岡公園
アオサギです。
巣の材料を運んでいました。
枝の長さは1m以上ありそうです。



平岡公園

湿原の水芭蕉です。
白い仏炎苞(葉)を見られるのはもう少し先の様です。



平岡公園

フキノトウです。
陽当たりの良い場所で沢山見られます。



平岡公園

マヒワです。




平岡公園

同上




平岡公園

同上




平岡公園

シジュウカラです。




平岡公園

ヤマガラとゴジュウカラです。




平岡公園

クマゲラの食痕(採餌跡)です。
大きな松のある広場の近くにて



2018年3月23日(金)
平岡公園を訪れました。

午後1時頃に平岡公園を訪れました。

札幌の街の中は道路を中心に雪が消えてきました。

気温が上がっているので、公園内の雪も急速に減ってきています。

公園内は、まだ積雪で真っ白ですが、雪の量は最深時の1/2〜1/3になっています。

今日も天気が良く絶好の撮影日和でしたが、公園内で撮影ができたのはカケスのみでした。(写真1〜4)

野鳥の囀りはあちらこちらで聞こえていましたが、数は少ない状態でした。

雪解けが進んで露出した地面が増えるのにともない、野鳥達の採餌場も増えてきたので、わざわざ平岡公園まで採餌に訪れる必要性が減っているのでしょう。

毎年、広大な農地の雪解けが進むと、公園を訪れる野鳥の数が減っているように感じています。

帰路、ショッピングモール前の林でアオサギを撮影しました。

写真5〜7は、林のなかの巣で休むアオサギです。

アオサギの優雅にゆっくり飛ぶ姿は、見ていて惚れ惚れします。

ただし、アオサギの鳴き声だけはいただけません。


平岡公園 平岡公園 平岡公園






平岡公園 平岡公園 平岡公園






平岡公園 平岡公園 平岡公園






2018年3月21日(水)
平岡公園を訪れました。

昼後に平岡公園を訪れました。

今日は、快晴で風も弱いため沢山の野鳥との出会いを期待していましたが、公園内で撮影ができたのはカラ類とヒヨドリのみでした。

何故、野鳥が少なかったのか理由は判りませんが、もしかしたら今日が春分の日の祭日であったためかもしれません。(冗談ですが)

春分の日は、天文学的(太陽と地球の位置関係)には昼と夜の時間の長さが等しくなる日です。

しかし、地球大気で太陽光線が曲がることや、その他にも複数の難しい理由があって、日本では春分の日は昼が平均約14分間長くなっています。

今年の札幌の春分前後の昼間と夜間の時間の比較は次のとおりです。
  
  3月16日  昼 11時間56分(日没時刻 − 日の出時刻)
  3月17日  昼 11時間59分★
  3月18日  昼 12時間02分
  3月19日  昼 12時間04分
  3月20日  昼 12時間07分
  3月21日  昼 12時間10分(春分の日)
   :     :    :
  3月31日  昼 12時間40分

3月は、昼間の時間がどんどん長くなって、月末には昼間の時間が12時間40分にもなります。

東京以南ではもう桜が開花しましたね。北海道では、まだ一ヶ月待たなければなりませんが。


平岡公園

スズメです。
ショッピングモール付近にて



平岡公園

ハシブトガラです。




平岡公園

ヤマガラです。




平岡公園

ゴジュウカラです。




平岡公園

ヒヨドリです。




平岡公園

アオサギです。




平岡公園

同上
ショッピングモール前の林にて



平岡公園

同上
空気を包み込む様な羽根の動きです。



平岡公園

上空を通過したジェット機です。
今日は朝から空気が澄んでいて、遠方視程が良好でした。



2018年3月19日(月)
平岡公園を訪れました。

昼頃に平岡公園を訪れました。

今日は非常に風が強くて、上空ではかなりの強風が吹いていたものと思われます。

木道の上の雪が緩んでいるため、非常に歩きづらくなっています。

梅の香橋の下でミソサザイを見かけましたが、尾羽しか撮影ができませんでした。(写真5)

マヒワを見かけましたが、一羽で行動をしていました。

帰路、ショッピングモール前の林でアオサギを撮影しました。

撮影中に、アオサギが一斉に飛び立つ事がありましたが、何と数十羽も飛び立ったのには驚きました。


平岡公園

アオサギです。
ショッピングモール前の林にて



平岡公園
同上
数十羽が一斉に飛び立ったことがありました。
あまりの多さにビックリしました。



平岡公園

マヒワです。




平岡公園

同上
見かけたのは1羽のみでした。



平岡公園

ミソサザイです。
尾羽しか撮影ができませんでした。



平岡公園

シジュウカラです。




平岡公園

同上




平岡公園

ヒヨドリです。




平岡公園

トビと思われます。




2018年3月17日(土)
平岡公園を訪れました。

昼頃に平岡公園を訪れました。

初めに木道でツグミを見かけました。

前回も見かけていますが、私の接近を察知するとすかさず飛び立って枝に退避します。

今日もソッと近づいて撮影をしましたが、真っ白な雪面を移動するのでかなり目立ちます。

そのため、今日もあまり近づかないうちに枝に移動してしまいました。

撮影の後半で、アカゲラを見かけました。

1羽が長時間同じ木で採餌をしていました。

あまりに熱心に採餌をしているので、途中で撮影を終了して暫く観察をしていました。

枝に小さな穴を開けたり、木の皮を突っついたりしていましたが、何を食べていたのでしょう。

昨夜、少し降雪があり、公園内は汚れた雪面からまた真っ白な状態に戻りました。

昨年の撮影記録を見ると、平岡公園で写真から雪が完全に消えたのは4月20日頃ですが、今年はどうでしょうね。

昨年の今日は、平岡公園でシマエナガを撮影しています。

今冬はシマエナガを見ていないので、早く訪れて欲しいです。


平岡公園

ツグミです。
第一駐車場下の木道にて



平岡公園

同上




平岡公園

シジュウカラです。




平岡公園

同上




平岡公園

アカゲラです。




平岡公園

同上




平岡公園

同上




平岡公園

同上




平岡公園

同上




2018年3月15日(木)
平岡にアオサギが戻ってきました。

昼頃に平岡公園を訪れました。

今日も天気が悪く、非常に細かな霧雨が時々降っていました。

風もあり、あまり期待しないで出掛けましたが、アカゲラを撮影することができました。

このアカゲラは、雪面付近か、太陽光で雪が少し消えた木の根元で採餌をしていました。

駐車場に戻る途中で、ショッピングモール前の林でアオサギの鳴き声が聞こえました。

毎年今頃アオサギが戻ってきて営巣をするので、気に掛けていました。

全体の数は判りませんが、数羽〜10羽程度と思われます。

なぜ、こんなに雪が多く残っている時期に戻ってくるのでしょうね。

人間の感覚では、雪が消えてもう少し暖かくなってからのほうがよいと思うのですが。

人工池は、水面が少し顔を出し始めました。(写真9)

人工池の木道は通行禁止なので、裏側の遊歩道から接近して撮影しましたが、雪は長靴の丈まであります。

木道上の雪はかなり軟らかくなっており、注意していても偶に踏み抜きが発生します。


平岡公園

アオサギです。
平岡公園近くのショッピングモール前の林にて



平岡公園

同上
今春初めての撮影です。



平岡公園

アカゲラです。




平岡公園

同上
今日は木の下の方で熱心に採餌をしていました。



平岡公園

ハシブトガラです。




平岡公園

同上




平岡公園

ヒヨドリです。




平岡公園

同上




平岡公園

人工池です。
雪解けが進んでいます。



2018年3月13日(火)
平岡公園を訪れました。

昼頃に平岡公園を訪れました。

今日は気温が低く、濡れない程度の非常に細かな霧雨が降っていました。

自宅を出るときからこの状態でしたので、あまり期待しないで平岡公園に向かいました。

予想どおり、撮影後半までに撮影ができたのはカラ類のみでした。

諦めて戻り始めたときに何時もの場所でマヒワの群れに出会いました。

大きな群れではありませんでしたが、熱心に採餌をしていました。


平岡公園

マヒワの群れの一部です。




平岡公園

同上




平岡公園

同上




平岡公園

同上




平岡公園

同上




平岡公園

同上




平岡公園

同上




平岡公園

ヒヨドリです。
駐車場の近くにて



平岡公園

ゴジュウカラです。




2018年3月11日(日)
平岡公園を訪れました。

昼頃に平岡公園を訪れました。

今日は登山靴+ストック2本で、スノーシューを専用のバックに入れてカメラザックの後に縛り付けました。

スノーシュー専用ザックは、初めから他のザックに追加装着できるように、バンド類がついています。

また、通常のザックと同じように単独で使うこともできます。

冬山登山の場合は、大きなザックを使用するので、スノーシューはザックの上蓋と本体の間に挟んで携行します。

今日は途中からスノーシューを装着して、林の中の遊歩道などを歩きました。

平岡公園も雪解けが進んでいます。

水の流れているところでは、雪が消えて地面が顔を出した場所が増えています。

今日は、野鳥達が沢山訪れていて、楽しめました。

木道上の雪道も、積もった雪が緩んできたため踏み抜きが多くなってきました。

第一駐車場の下側部分の木道は落ちると危険なので、例年どおり注意して歩く必要があります。


平岡公園

オオアカゲラです。




平岡公園

同上
久しぶりの撮影です。



平岡公園

カケスです。




平岡公園

同上




平岡公園

アカゲラです。




平岡公園

ツグミです。




平岡公園

シジュウカラです。




平岡公園

ヤマガラです。




平岡公園
キタキツネです。
初めからこの姿勢で全く動かなかったので、こちらを
見ているのか寝ているのか判りません。



2018年3月9日(金)
今日のドングリの若木の様子です。

今日は、終日小雨が降っています。

午前中は、この小雨の中で駐車場に堆積した雪の排雪作業の立ち会いをしました。

駐車場はほぼ舗装面が出ています。

ベランダから室内に入れている若木の鉢は、ますます葉を増やしています。

今日は、そのうちの1鉢を撮影してみました。

今は小さい新芽たちも、数日で直ぐに大きく葉を拡げます。


若木 若木 若木






若木 若木 若木






若木 若木 若木






2018年3月7日(水)
マガモが平岡公園を訪れていました。

初めに東部緑地に行ってみましたが、野鳥撮影用の遊歩道側には踏み跡がついていませんでした。

一応スノーシューは車に積んでいましたが、安全面を考慮して平岡公園へ移動しました。

平岡公園では、毎年行われている梅林の消毒作業が今日から開始されました。

第一駐車場下の水の流れている場所で、マガモのつがいを見かけました。

人工池では毎年マガモが子育てを行っていますが、もしかしたら早めの偵察に来たのかもしれません。

現在、人工池はまだ雪の下です。

マヒワの群れを見かけました。

高木の梢で採餌をするため、撮影時は完全な逆光状態になるので、綺麗な写真にはなりませんでした。


平岡公園

第一駐車場下の木道付近に水の流れている場所があり
マガモが訪れていました。



平岡公園
同上
今年も人工池で子育てをするため、早めに偵察にきた
のかもしれませんね。



平岡公園

同上
マガモの雄です。



平岡公園

同上
マガモのメスです。



平岡公園
マヒワです。
高木の最上部で採餌をしているため、強い逆光になり
綺麗な写真になりませんでした。



平岡公園

同上




平岡公園

ヤマガラです。




平岡公園
梅林で梅の木の消毒作業が始まりました。
今日から開始したようです。
毎年行われています。



平岡公園
同上
撮影終了後に通過したときに、数カ所で散布作業が
行われていました。



2018年3月5日(月)
シャコバサボテンの剪定を行いました。

今日は、昼頃に平岡公園を訪れました。

前日は暖かい日で大分雪が融けましたが、今日はまた寒くなりました。

平岡公園内の除雪した舗装道路が凍っていて、表面が平滑でツルツルしていたので、非常に歩きづらい状態でした。

野鳥の囀りは各所で聞こえましたが、撮影は全くできませんでした。

林の中の遊歩道を歩いてみましたが、場所によっては一歩毎に埋まるため大変でした。

遊歩道もガタガタになり、歩くのに普段の倍も疲れました。

結局、野鳥の撮影ができずに自宅に戻りました。


(シャコバサボテンの剪定)
延び延びになっていた剪定作業を行いました。

毎年、今頃に一年間に延びた分を剪定してやります。

全く剪定しないで放置しておいたら、数年で大変なことになるでしょうね。

剪定作業は、葉を捻って切断するだけなので、器具は使用しません。


剪定

平岡公園の雪が減ってきました。
落下した枝類が顔を出し始めました。



剪定
今日のシャコバサボテンです。
数日前までは数輪咲いていましたが、今日はこの一輪のみ
です。



剪定

剪定前
どんどん葉を伸ばしてきます。



剪定

剪定後
サッパリしました。



剪定

剪定した葉です。




剪定

剪定前




剪定

剪定後




剪定

剪定した葉です。




剪定

剪定した全部の葉です。
毎年、ほぼ同じ量の剪定をしています。



2018年3月3日(土)
ホームページ用ソフトを更新しました。

(今日の写真)
昨年7月30日に平岡公園で撮影したカワセミの写真にしました。


(ホームページビルダー)
カワセミ






私のホームページ(HP)は、ジャストシステム社のホームページビルダー(HB)で作成しています。

このソフトは、元々IBM社が開発して発売していたものです。

経緯はわかりませんが、日本では途中からジャストシステムが同ソフトをIBMから譲り受けて販売を継続しています。

最初に使用したのは、IBM時代のバージョン9で、その後バージョン11に、2009年にバージョン14(IBM)に更新して、現在に至っていました。

現在の最新バージョンが21ですので、流石にこれだけバージョンが古くなると、問題が発生しやすくなります。

最近も一時、同ソフトの起動ができなくなったのですが、暫くして正常にもどりました。

今回も正常に起動しなくなったので、色々試してみましたが、結局ギブアップしました。

その前日に、パソコンOSの大幅なバージョンアップがあり、バージョンが1607から1709に変更になりました。

ソフト購入後8年以上経っており、その間パソコンOSは大幅に変更がされています。

そのため、最新バージョンに更新するため、今日ソフトを購入してインストールしました。

新バージョン(HB21)は正常に起動して、動作も正常でしたが、ユーザーインターフェイスがガラッと変わっているので、使い方を調べる必要がでてきました。


カワセミ カワセミ カワセミ






カワセミ カワセミ カワセミ






カワセミ カワセミ カワセミ






2018年3月2日(金)
マヒワの写真です。(2月26日撮影)

(今日の写真)
2月26日に東部緑地で撮影したマヒワの写真にしました。

今日の写真はノートリミングにしたので、野鳥の位置が偏ったままになっている写真があります。

高速連写機能を使用して撮影をしていますが、撮影中にカメラや体が動くので、どうしても野鳥が中心から逃げてしまいます。

この写真は、光学50倍×デジタルズーム2倍で撮影しているので、カメラの撮影視野は僅かに2度以下です。

北海道を通過した台風並みの低気圧のおかげで、昨日と今日は駐車場の除雪で非常に疲れました。

雪が重いため、腰よりもママさんダンプを引っぱったり押したりする腕の方がダメージを受けています。

大量の雪のために、駐車場の奥の堆雪場所が手前にひろがってしまい、捨てる場所がなくなったため、今日午後から雪の掻き上げ作業を行いました。

スロープを造って、手前の雪を堆雪場の奥の高いところまで運ぶ作業に一汗も二汗もかきました。

レーダーアメダスを見ると、新たな雪雲が近づいているので、今夜もまた降雪があるかもしれません。

雪が降るのはかまいませんが、一度にドカンと降らせないようにして欲しいですね。


マヒワ マヒワ マヒワ






マヒワ マヒワ マヒワ






マヒワ マヒワ マヒワ







  (過去の日記)
   最新版
   2018年10月
   2018年09月
   2018年08月
   2018年07月
   2018年06月
   2018年05月
   2018年04月
   2018年03月
   2018年02月
   2018年01月
   2017年12月
   2017年11月
   2017年10月
   2017年09月
   2017年08月
   2017年07月
   2017年06月
   2017年05月
   2017年04月
   2017年03月
   2017年02月
   2017年01月
   2016年12月
   2016年11月
   2016年10月
   2016年09月
   2016年08月
   2016年07月
   2016年06月
   2016年05月
   2016年04月
   2016年03月
   2016年02月
   2016年01月
   2015年12月
   2015年11月
   2015年10月
   2015年09月
   2015年08月
   2015年07月
   2015年06月
   2015年05月
   2015年04月
   2015年03月
   2015年02月
   2015年01月
   2014年12月
   2014年11月
   2014年10月
   2014年09月
   2014年08月
   2014年07月
   2014年06月
   2014年05月
   2014年04月
   2014年03月
   2014年02月
   2014年01月
   2013年12月
   2013年11月
   2013年10月
   2013年09月
   2013年08月
   2013年07月
   2013年06月
   2013年05月
   2013年04月
   2013年03月
   2013年02月
   2013年01月
   2012年12月
   2012年11月
   2012年10月
   2012年09月
   2012年08月
   2012年07月
   2012年06月
   2012年05月
   2012年04月
   2012年03月
   2012年02月
   2012年01月
   2011年12月
   2011年11月
   2011年10月
   2011年09月
   2011年08月
   2011年07月
   2011年06月
   2011年05月
   2011年04月
   2011年03月
   2011年02月
   2011年01月
   2010年12月
   2010年11月
   2010年10月
   2010年09月
   2010年08月
   2010年07月
   2010年06月
   2010年05月
   2010年04月
   2010年03月
   2010年02月
   2010年01月
   2009年12月
   2009年11月
   2009年10月
   2009年09月
   2009年08月
   2009年07月
   2009年06月
   2009年05月
   2009年04月
   2009年03月
   2009年02月
   2009年01月
   2008年12月
   2008年11月
   2008年10月
   2008年09月
   2008年08月
   2008年07月
   2008年06月
   2008年05月
   2008年04月
   2008年03月
   2008年02月
   2008年01月
   2007年12月
   2007年11月
   2007年10月
   2007年09月
   2007年08月
   2007年07月
   2007年06月
   2007年05月
   2007年04月
   2007年03月
   2007年02月
   2007年01月
   2006年12月
   2006年11月
   2006年10月
   2006年09月
   2006年08月
   2006年07月
   2006年06月
   2006年05月
   2006年04月
   2006年03月
   2006年02月以前
ホームヘ


http://tjmount.com/

Copyright © 2003-2016 一人歩きの山行記録 All Rights Reserved.