アウトドア日記

個人の日記を兼ねていますので、アウトドア以外の記述があります。

2018年9月18日(火)
藻岩山に登りました。

旭山記念公園から藻岩山山頂を往復しました。

駐車場      08時32分
山頂着      09時53分 (1時間21分)  
山頂発      10時28分 (0時間35分)  
駐車場      12時17分 (1時間49分) (3時間45分)

合計所要時間  3時間45分

(GPS記録)
総上昇量   565m
総下降量   543m

累積標高(+)トラック  614m
累積標高(+)地形   648m

TP積算距離    7.35km

今日も自己責任で登山道を利用しました。

復路は、旭山記念公園の展望台経由で戻りました。

少し気温が下がってきたので、以前よりは登りやすくなりました。

今日は、山頂の三角点(座標表示あり)で、携帯電話のGPS測位値と、携帯GPS装置の測位値を記録しました。

(計測値)
        北 緯      東 経
藻岩山表示 43度01分21秒   141度19分20秒  (世界測地系WGS84)
携帯電話  43度01分21.916秒 141度19分19.715秒 (  同上   )
GPS装置  43度01分11.6秒  141度19分33.4秒 (日本測地系TOKYO)


(詳細な値)
藻岩山  43度01分20.5688秒 141度19分20.3811秒 (国土地理院)
GPS装置 43度01分20.4147秒 141度19分20.1426秒 (測地系変換後)


(日本測地系に変換) 
携帯電話GPS測位値(世界測地系)を、日本測地系に変換する。

【自作早見表】
緯度 N=▲00.00.09: 43度01分21.916秒→ 43度01分12.916秒(変換後)
経度 E=+00.00.14: 141度19分19.715秒→141度19分33.715秒(変換後)


(日本測地系による比較)
       北 緯      東 経
GPS装置 43度01分11.6秒 141度19分33.4秒 (日本測地系)
携帯電話 43度01分12.9秒 141度19分33.7秒 (日本測地系変換後)
 差 異      1.3秒      0.3秒

1秒の距離 緯度  30.86m/秒
     経度 約22.6m/秒 (北緯43度付近・緯度により変動する)


携帯GPS装置が動作不能になった場合は、応急処置として携帯電話のGPS測位値を利用できます。

携帯電話は、通信範囲外でもGPS測位は行えます。

携帯電話GPS測位値(世界測地系)を、携帯している地図(1/25000地形図、日本測地系)で使用するためには、自作換算表で日本測地系に変換する必要があります。

今回換算表を使った変換では、緯度で1.3秒(距離換算40m)、経度で0.3秒(同7m)誤差が生じましたが、許容範囲と思われます。

救助を要請するときに、GPS座標を連絡すれば、ピンポイントで救出に来て貰えます。

自分の携帯電話のGPS測位の方法と、測位値の閲覧方法を覚えておくことは非常に大切です。


藻岩山

山頂から見た札幌市街中心部です。




藻岩山

砕石採掘現場です。




藻岩山

同上




藻岩山
山頂のGPS位置表示です。(世界測地系)
下左:携帯電話GPS(世界測地系)
下右:携帯GPS装置(日本測地系)



藻岩山

山頂にて




藻岩山

登山道にて




藻岩山

倒木です。
先端部分が他の木に引っ掛かっています。



藻岩山

登山道にて




藻岩山

同上




2018年9月15日(土)
藻岩山に登りました。

旭山記念公園から藻岩山山頂を往復しました。

駐車場      07時58分
山頂着      09時23分 (1時間25分)  
山頂発      09時35分 (0時間12分)  
駐車場      12時52分 (3時間17分) (4時間54分)

合計所要時間  4時間54分

(GPS記録)
総上昇量   528m
総下降量   472m

累積標高(+)トラック  614m
累積標高(+)地形   676m

TP積算距離    6.92km

4日の台風通過から2回目の藻岩山登山になります。

台風通過から10日間経ったので、倒木はすべて処理されていましたが、何故か登山規制はそのままでした。

そのため、今日も自己責任で登山道を利用しました。

今日の札幌は最高気温が27℃を超えました。

登山中もムシムシとしていて夏が戻った様でした。

今日は、登山道で野鳥の撮影ができました。

初めにアカゲラを見かけましたが、こちらは撮影に失敗しました。

次に、ハシブトガラを見かけて、こちらは暫く同じ場所にいたので、撮影することができました。

登山用カメラには照準器がついていないので、撮影は難しいです。

照準器つきカメラなら、アカゲラも撮影できたと思われます。


4日の台風通過から2回目の藻岩山登山になります。

台風通過から10日間経ったので、倒木はすべて処理されていましたが、何故か登山規制はそのままでした。

そのため、今日も自己責任で登山道を利用しました。

今日の札幌は最高気温が27℃を超えました。

登山中もムシムシとしていて夏が戻った様でした。

今日は、登山道で野鳥の撮影ができました。

初めにアカゲラを見かけましたが、こちらは撮影に失敗しました。

次に、ハシブトガラを見かけて、こちらは暫く同じ場所にいたので、撮影をすることができました。

登山用カメラには照準器がついていないので、撮影は難しいです。

照準器つきカメラなら、アカゲラも撮影ができたと思われます。


(NIKON P1000)
光学3000mmのNikon P1000が昨日発売されましたが、購入ユーザーの評価を早く見たいですね。

それと、もし私が購入した場合、冬期間(積雪期)は液晶画面の対策が必要となりそうです。

照準器を使用する関係で、詳細な画像の確認は液晶画面で行うことが必要になります。

問題なのは、冬期間は雪の反射光で液晶画面の画像が全く見えなくなることです。

現在のSX50HSには、冬期対策用として自作のフードを取り付けています。

このフードを取り付けると液晶画面が非常に見やすくなるので、一年中取り付けて使用しています。

P1000にも自作フードを取り付けることは可能ですが、長さが問題となりそうです。


藻岩山

藻岩観音奥の院です。




藻岩山
山頂展望台にて
上:恵庭岳
下:樽前山、風不死岳(奥側)



藻岩山
同上
上:砥石山方面
下:手稲山



藻岩山

T6分岐です。




藻岩山

ハシブトカラです。




藻岩山

同上




藻岩山

登山口の倒木処理跡です。




藻岩山

登山道にて




藻岩山

同上
トリカブトです。



2018年9月12日(水)
平岡公園と厚別川を訪れました。

(平岡公園)
初めに平岡公園に行ってみましたが、完全に閉鎖状態でした。

外側を通過した公園入口全部に通行禁止の表示がありました。

平岡公園では、今回は本気で公園を閉鎖する意図がハッキリしていましたので、直ぐに厚別川に向かいました。

平岡公園の再開には暫く時間がかかるかもしれませんね。


(厚別川・川下公園)
今日は普段の折り返し点まで歩いても野鳥に出会えなかったので、更にもう一つ先の橋まで歩るきました。

堤防上を、往復で3.5km程度歩いたことになります。

復路で何とか野鳥に出会えましたが、僅かに数羽のみでした。

堤防上は、数は減ってきましたがお花畑になっています。


厚別川

平岡公園です。
公園の外側歩道にて



厚別川

同上




厚別川

以下は厚別川(川下公園)にて
野鳥の数は非常に少なくて、見かけたのは3羽のみでした



厚別川

同上




厚別川

同上




厚別川

同上




厚別川

同上




厚別川
同上
溜まった雨水を、厚別川にポンプで排出する
設備です。



厚別川

同上
上空を通過したヘリコプターです。



2018年9月10日(月)
藻岩山に登りました。(9月9日)

旭山記念公園から藻岩山山頂を往復しました。

駐車場      09時18分
山頂着      10時46分 (1時間28分)  
山頂発      10時55分 (0時間09分)  
駐車場      15時20分 (4時間25分) (6時間02分)

合計所要時間  6時間02分

(GPS記録)
総上昇量   524m
総下降量   418m

累積標高(+)トラック  620m
累積標高(+)地形   692m

TP積算距離    7.07km

台風通過後、4日経過したので藻岩山に出掛けてみました。

一応、前日にインターネットで札幌市の関連するHPを確認したのですが、藻岩山の登山禁止の表示はありませんでした。

当日、藻岩山の下側駐車場に到着時も、駐車場から見える入口には表示はありませんでした。

そのため、登山準備をして出発したら、入口を少し入ったところに写真3(上側)の表示がありました。

このような表示は、駐車場から見えるところにして欲しいですね。

駐車場には既に沢山駐車しており、皆さん出発した後だったので、私も自己責任で登山を開始しました。

登山中は、普段の休日と変わらないような数の登山者と出会いました。

ただし、慈啓会病院側の入口に表示があったかは確認していません。

登山道の数カ所に倒木がありましたが、特に危険なところはなく、通常どおり歩けました。

管理者側も本気で通行禁止にする気ではなく、まだ倒木があるので念のため表示をした程度に推測されます。

一応表示をしておけば、あとは登山者が自己責任で登ることになります。

山頂展望台、藻岩観音奥の院は、外見上は今回の台風・地震では問題なかったように見えます。

ただ、木々はかなりの強風を受けているので、もしかしたら紅葉に影響がでるかもしれません。

復路は、簡単な清掃をしながら歩きました。


藻岩山
藻岩観音奥の院です。
今回の地震では、外見上の被害は無いようです。
日曜日ですので、既に開かれていました。



藻岩山

屋上展望台から見た市民スキー場方面です。
木々も少し茶色になって、秋の訪れを感じさせます。



藻岩山

登山道には一応表示があります。
登山者の皆さんは、自己責任で通過していました。



藻岩山

以下は倒木の様子です。




藻岩山
同上
数カ所に倒木がありましたが、枝などは処理されていて、
通行可能な状態になっていました。



藻岩山
同上
2004年9月8日の台風18号と同規模の大被害を
予想していましたが、今回は軽微な被害でした。



藻岩山

同上




藻岩山

同上




藻岩山

同上




2018年9月7日(金)
平成30年北海道胆振東部地震が発生しました。

前夜、就寝中の3時8分に大地震が発生しました。

札幌市では東区で震度6−が記録され、自宅のある白石区でもかなり強く揺れました。

強烈な揺れで目を覚ましましたが、一瞬マンションが壊れるのではないかと感じたほどでした。

前日は台風21号が通過して、マンションに被害が出たばかりでした。

今回の地震では、北海道全域で停電になりましたが、幸い私の住んでいる地域では水道・ガスが正常だったので助かりました。

現在は、停電も解消したので、通常の生活に戻りました。

私の場合は、自宅に、飲料水、炊飯用のカセット式コンロとボンベ、トイレ用品を備蓄しているので、1週間程度は外部の援助無しでも何とかなります。

今回の地震は、北海道の電力の半分を発電している厚真発電所の近くで発生したこともあり、この発電所の停止が原因で、北海道のすべての発電所が停止してしまいました。

各機関が災害対策を立てていたでしょうが、北海度全域が停電することまでは想定していなかったでしょうね。

全部の鉄道輸送がとまり、道路の信号が停止してしまったので、自動車輸送にもかなりの影響がでました。

今日、平岡公園に様子を見に出掛けてみましたが、同公園は西地区・東地区とも閉鎖されていました。

道路の信号も殆どが停止したままだったので、大きな交差点の通過時は緊張しました。

お互いに譲り合いながら交差点を通過しましたがスリル満点で、出掛けるべきではなかったと反省しました。


(ニコン COOLPIX P1000)
ニコンから超望遠のカメラが9月14日に発売されることになりました。

現行機種はP900で光学83倍でしたが、P1000は光学125倍です。

現在私が使用中のキヤノン SX50HSは光学50倍ですので、2.5倍の性能です。

質量も1,415gと、SX50HS 790g(実測)の2倍弱と大幅アップします。

大きさ、重さとも、一眼レフカメラとほぼ同じになりました。

この機種にはアクセサリーシューが装備され、純正のドットサイト(照準器)も発売されます。

このドットサイトの仕様はまだわかりませんが、カメラ本体から電源が供給されていることを期待しています。

少し様子を見ますが、この間にキヤノンから対抗機が発表されなければ、この機種を購入することになりそうです。

購入者の評価が高いことを期待しています。


P1000

ニコン COOLPIX P1000
9月14日発売



P1000
同上
光学 125倍
質量 1,415g



P1000
同上
ドットサイト DF-M1
照準器です。



P1000
キヤノン PowerShot SX50HS
2012年9月27日発売
現在、野鳥撮影に使用しているカメラです。



P1000

同上
光学50倍



P1000

同上
照準器を装着しています。



P1000
同上
照準器の電源は、照準器内部のボタン電池です。
電池は半年程度持ちます。



P1000

同上
光学50倍撮影時の状態です。



P1000
同上
カメラの背面の四角い覆いは、自作です。
これがないと、積雪期などは全く撮影ができません。



2018年9月5日(水)
台風21号でマンションに被害が発生しました。

昨夜、強い台風21号が北海道の西海岸をかすめて通過しました。

今回の台風は風が強く、台風が直撃した関西方面では非常に大きな被害を出しました。

札幌でも、昨夜は強風が吹きましたが、札幌の最大瞬間風速は33.4m/sでした。

今朝、マンションの点検のため玄関まで降りると、なんと玄関ドアのガラスが破損しており、既に発見者が応急処理でガムテープを貼ってありました。(写真1から3)

幸い、他の玄関のガラスは大丈夫でした。

割れたガラスを外してからビニールシートを貼って、応急処理をしました。

修理を依頼しましたがいつ頃来てくれるのか心配です。

マンションの専用庭には樹木が植えられていますが、そのうちの果実を沢山つけた木が倒れていました。(写真4,5)

マンション屋上の、ジョイント部のカバーが外れていました。(写真6〜8)

応急処置として、可能な限り元に戻してみましたが、完全ではありませんので、専門業者に点検を依頼しました。

修理して元に戻しただけでは、強風でまた外れることになるので、何らかの対策が必要なようです。

同じく、屋上の臭気筒の頭部が破損しました。(写真9)

風雨に晒される場所なので、腐食が進んでいることは承知していましたが、あと数年は大丈夫だろうと判断していました。

しかし、考えていたよりも急速に腐食が進んだようです。


台風21号

玄関の1箇所でガラスが割れました。




台風21号

同上
何かが飛んできたのか、風の衝撃なのかは判りません。



台風21号

同上
応急処置をして、修理を依頼しました。



台風21号

1階の専用庭の樹木が倒れました。




台風21号

同上
果実が豊作状態でした。



台風21号

マンション屋上のジョイント部のカバーが
外れました。



台風21号
同上
応急処置として、元に戻しましたが、完全ではないので、
専門会社に点検を依頼しました。



台風21号

同上




台風21号
臭気筒の頭部の接続部分が破損しました。(4箇所)
前回点検したときは、数年は持つと判断していたの
ですが、予想外に腐食が進んでいました。



2018年9月4日(火)
強風の平岡公園を訪れました。

今日の札幌は強風が吹いていましたが、買い物に出たついでに平岡公園に寄ってみました。

平岡公園の湿原は盆地状になっているので、湿原に降りてしまうとそれほど風は強くありません。

野鳥の囀りは一度聞いただけで、姿を見ることはできませんでした。

この強風では、小さな野鳥では飛ぶのが大変なので、やむを得ませんね。

ここを住みかにしているマガモ、トンボ、蝶などは活発に行動していました。

前回もトカゲを見かけましたが撮影はできませんでした。

今回は運良く撮影に成功しましたが、動作は非常に敏捷です。

非常に強い台風が今夜北海道の直ぐそばを通過する予定なので、公園内に通行止めの掲示が2箇所にありました。

公園には入口が沢山ありますが、私の経験ではそのうちの主要な数カ所にのみ掲示をしているようです。

掲示があっても無くても、このような強風下では倒木の危険は常にありますので、あくまでも自己責任で立ち入ることになります。

登山の場合などは度々強風に出会いますが、あくまでも自己責任で行動方針を決めなければなりません。


平岡公園

マガモです。
今日は3羽見かけました。



平岡公園

同上




平岡公園

同上




平岡公園

下はトカゲです。
素晴らしい敏捷性をもっています。



平岡公園

スモモです。
1本のスモモの木の下に、大量に落果していました。



平岡公園
スモモです。
こちらは別の木で、まだ落果は目立ちません。
両方の実を食べてみましたが、美味しかったです。



平岡公園

湿原にて




平岡公園

遊歩道にて




平岡公園
台風に備えて、通行止めの掲示がありました。
何時も湿原に降りる階段には表示がしてありません
でした。



2018年9月2日(日)
平岡公園に野鳥が戻ってきました。

昼頃に平岡公園を訪れました。

初めに人工池に行くと、マガモが4羽採餌していました。(写真5)

多分、今年生まれたヒナたちと思われます。

すっかり大きくなったので、ヒナ4羽なのか、ヒナ3羽+親1羽なのか判断が難しいですね。

このときに、アカゲラと思われる囀りを短時間聞いたような気がして捜しましたが、見つかりませんでした。

その後、木道を歩いている時に、カラ類の姿を見つけました。

カラ類を追っている時に、アカゲラも現れて、混群で行動していることが判りました。

これから春までは、小型の野鳥達は種類に関係なく群れ(混群)をつくって行動するようです。

もう、そんな時期になったのですね。

非常に強い台風21号が日本に接近中で、本州に上陸後日本海を進んで、北海道の西側を通過する予想になっています。

北海道には24日夜から25日日中にかけて影響が出そうですが、24日朝には北海道には低気圧2個と前線も迫っています。

この低気圧と台風がどのような動きをするのかは判りませんが、何れにしても強い風が吹きそうです。

間違っても、台風が北海道に再上陸するようなことが無いように、祈るばかりです。


平岡公園

アカゲラです。
カラ類との混群で訪れていました。



平岡公園

同上
いつもながら綺麗な赤色ですね。



平岡公園

ヤマガラです。
撮影条件が悪くて、少しピンボケです。



平岡公園

センダイムシクイです。




平岡公園
マガモが4羽いました。
大きくなったので、親との区別がつきません。
今年生まれたヒナたちが順調におおきくなった
と思われます。


平岡公園

トンボです。




平岡公園
タマゴタケです。
キノコ辞典によると、見た目は毒キノコですが、
食べて美味しいキノコです。
食べた結果の責任はもてませんので、自己責任で。


平岡公園

遊歩道にて




平岡公園

同上




2018年8月31日(金)
マンション階段室照明のLED化工事の写真です。

(マンション階段室照明のLED化)

マンション階段室照明のLED化工事を実施していますが、6階段のうち5階段まで順調に工事が進んでいます。

今までは、階段室の照明を点灯させるためには、点灯用スイッチを押す必要がありました。

今回は、人感センサー方式に変更したので、スイッチ類は全廃され、人を感知して自動的に点灯するようになりました。

感度は良好で、玄関ドアを開けて中に一歩踏み込んだ時点で感知します。

各階の人感センサーは、ドアを開けた時点で点灯するので、楽になりました。

最初に施工した階段で4夜経過しましたが、正常に動作しています。

一番心配していたのは、各階の人感センサーの感度でしたが、全く問題ありませんでした。

全体的な動作も安定していて、明るさを含めて申し分のない状態です。

屋外壁に設置した照度センサーの箱の上に、雨音避けのアルミ板を取り付けています。(写真9)

このプラスチック製の箱に大粒の雨が当たると、かなり大きな音が発生する可能性があるので、斜めの屋根を取り付けました。

月曜日に最後の階段の工事を行い、全体の工事が終了します。

この後は、各階段毎に照度センサーの調整を行います。

引き続き、札幌市へLED更新補助金の申請手続きを行います。

以前に申請を行い、補助の対象に合格しているので、10%の補助金を受けることができる予定です。


LED化

上:蛍光灯(非常灯)(工事前)
下:LED灯(非常灯)(工事後)



LED化

上:蛍光灯(一般灯)(工事前)
下:LED灯(一般灯)(工事後)



LED化

玄関ホール照明・蛍光灯(工事前)




LED化

玄関ホール照明・LED灯(工事後)
右側は、人感センサー(親機)です。



LED化

人感センサー(親機)です。




LED化

点灯用押し釦(工事前)
玄関ホール・各階のドア横に設置



LED化
各階の人感センサー
旧点灯用押し釦と交換設置
感知範囲が広く、動作は良好です。



LED化

旧照度センサー(3玄関x2)
この1個で、全階段の照明を一括制御していました。



LED化
新照度センサー(玄関ホール・階段室用)
今回は、各玄関毎に照度センサーを設置しました。
さらに、玄関ホールと、階段室の2系統に分けて
それぞれに照度センサーを設置しました。


2018年8月29日(水)
平岡公園を訪れました。

昼頃に平岡公園を訪れました。

現在、居住しているマンションの階段室照明をLED照明に交換する工事を行っています。

今年は理事長をやっている関係で、工事の立ち会いの他にも細々と雑用があり、その合間を狙って出掛けています。

人工池は2回ほど訪れましたが、カワセミには出会えませんでした。

木道を歩いている時に、近くからキタキツネが飛び出して、走って逃げていき、暫くしてたちどまりました。

写真はピンボケですが、取りあえず姿を撮影しました。(写真2)

このスリムな体型、うらやましいですね。

この他にも、直ぐそばから大きな鳥(猛禽類)が飛び出しましたが、飛び出すまでは全く気がつきませんでした。

突然だったので、撮影はできませんでしたが、力強い非常に綺麗な飛翔姿でした。

赤とんぼが大発生状態で、少し前に沢山いたオニヤンマは僅かになりました。(写真6)

野鳥達は、まだ平岡公園には戻っていません。


平岡公園

マガモです。
カワセミには出会えませんでした。



平岡公園

キタキツネです。
久しぶりに見かけました。



平岡公園

セミです。
木道の直ぐそばで、大音量で鳴いていました。



平岡公園

遊歩道にて




平岡公園

同上
蝶か蛾の区別ができません。



平岡公園
赤とんぼです。
大発生状態で、場所によってはトンボの群れの中を
歩く場所もあります。



平岡公園

植物も秋の気配が濃厚です。




平岡公園

同上




平岡公園

同上




2018年8月26日(日)
藻岩山に登りました。

旭山記念公園から藻岩山山頂を往復しました。

駐車場      08時23分
山頂着      09時49分 (1時間26分)  
山頂発      10時18分 (0時間29分)  
駐車場      11時40分 (1時間22分) (3時間17分)

合計所要時間  3時間17分

(GPS記録)
総上昇量   538m
総下降量   562m

累積標高(+)トラック  615m
累積標高(+)地形   623m

TP積算距離    6.55km

前日まで降雨が連続していたので、登山道は全体的に滑りやすい状態でした。

気温と湿度が高く、無風状態でしたので、登山には不適な日でした。

今日は、体調が優れず、天候の状況もあって、快適な登山とはいきませんでした。

もう少し、間隔を狭めて訓練を行う必要がありそうです。

今日の山頂からの遠方視程は良好でした。

石狩湾新港に建設中の北電LNG発電所(写真2)も綺麗に見えていました。

同発電所は、来年2月に1号機が営業発電を開始する予定です。(合計3機)

今日は、北海道マラソンが開催されました。

藻岩山山頂には、テレビ中継のため関係者が作業をしていました。(写真5)

トリカブトが今年も綺麗な花を咲かせ始めましたが、日本三大有毒植物のひとつです。(写真8)

【以下はウィキペディア フリー百科事典を参考】

トリカブトの仲間は日本には約30種が自生していて、花の色は紫色のほか、白、黄色、ピンク色などで、多くは多年草のようです。

日本三大有毒植物とは、ドクウツギ、ドクゼリ、トリカブトです。

トリカブトは全部に毒をもっているようで、トリカブトを含んだ天然ハチミツによる中毒例も報告されているようです。

藻岩山

山頂から見た手稲山山頂のテレビ塔群です。




藻岩山

石狩湾新港の北電のLNGガス発電所です。
一号機の営業運転開始は、2019年2月の予定。



藻岩山
ツドームと丘珠空港です。
下:右端にこれから出発する旅客機が写っています。
滑走路上の飛行機を撮影したのは初めてです。



藻岩山

創成川と創成川通りです。
奥の建物は、山頂から約16kmの位置にあります。



藻岩山

今日は北海道マラソンが開催されました。
藻岩山山頂の中継作業現場の状況です。



藻岩山

登山道にて




藻岩山

同上




藻岩山
同上
トリカブトです。
日本3大毒草のひとつで、姿はとても綺麗です。



藻岩山

同上




2018年8月25日(土)
平岡公園を訪れました。

昼頃に平岡公園を訪れました。

台風20号から変わった低気圧は既に北海道を通過しており、台風19号から変わった低気圧は渡島半島方面にあります。

風はまだ非常に強い状態でしたが、雨は降っていませんでした。

カワセミ以外の野鳥は、小さな群れが通過したのを目撃しただけでした。

あまりに風が強かったので、カワセミも期待していませんでしたが、2回目に人工池を訪れた時に出会うことができました。

明日は、藻岩山に登る予定です。

月曜日から1週間は、マンションの階段室照明のLED化工事の立ち会いがメインになります。

平岡公園 平岡公園 平岡公園






平岡公園 平岡公園 平岡公園






平岡公園 平岡公園 平岡公園






2018年8月22日(水)
平岡公園を訪れました。

昼頃に平岡公園を訪れました。

湿度が高く、ムシムシして暑苦しい状態でした。

今日も人工池で、カワセミの撮影に成功しました。

近くで営巣している感じで、小魚を頻繁に運んでいるように見えます。

久しぶりに、マガモを2羽見かけました。

どちらも雌で、見た感じでは親子の感じでした。

野鳥の囀りは殆ど無く、まだ姿を見せていません。


(認知機能検査)
昨日は、運転免許更新の前段階として、認知機能検査を受けてきました。

早めに行って暫く待ってから受付が行われて、試験会場に通されました。

ところが、2名ほど遅れたため試験が予定時刻の30分遅れで開始されました。

試験終了後は、採点結果を待つために、約1時間以上も待機させられました。

全体的に、改善の余地ありと感じました。

テスト結果は良好で、2時間講習(必須)を10月4日に予約してきました。

テスト結果が悪ければ、3時間講習を受けなければなりません。

更に悪ければ、病院で認知機能の検査を受ける必要がでてきます。

短時間(直近)の記憶力が極端に悪いので心配していました。

年月日・曜日・時刻の記入(配点17点)と、時計を描き、指定された時刻を短針・長針で記入(配点21点)は、どちらも満点でした。

16種のイラストを見せられてから、思い出して名前を書く(配点62点)テストは、約75%の正答率でした。

イラストを見せられた後、直ぐに回答をしたので、何とか思い出すことができましたが、10〜20分後でしたら結果は酷いものになったでしょうね。


平岡公園 平岡公園 平岡公園






平岡公園 平岡公園 平岡公園






平岡公園 平岡公園 平岡公園






2018年8月20日(月)
平岡公園を訪れました。

昼頃に平岡公園を訪れました。

人工池に到着すると、カメラマンが1名待機中でした。

話を聞くと、頻繁にカワセミが訪れているとのことでしたので、私も暫く待機して撮影に成功しました。

その他の野鳥の囀りは数回聞いただけで、まだ野鳥は姿を見せていません。

写真9の赤い花は、毎年、第一駐車場下の湿原で沢山開花します。

この花を見ると、平岡公園でも秋の訪れを感じます。


(認知機能検査)
75才以上は、運転免許の更新手続きとして認知機能検査が義務づけられています。

現在76才ですので、明日近くの自動車学校で、この認知機能検査を受ける予定です。

検査内容は、「記憶力や時間の認識等についての検査」(30分)となっています。

私の場合は、時間の認識等については問題ないと思いますが、若いときから直近の記憶力が全くダメで、心配しています。

この検査の結果に基づいて、高齢者講習(2時間または3時間)が行われますが、こちらは結果の出るのが遅れるため、11月頃の講習になる予定です。


平岡公園

カワセミです。




平岡公園

同上
小魚をくわえています。



平岡公園

同上




平岡公園

同上




平岡公園

トンボです。
右下は、オニヤンマが産卵している様子です。



平岡公園

湿原にて




平岡公園
蝉の抜け殻です。
林の中の遊歩道にて
この木だけで、数十個の抜け殻を見られます。



平岡公園

遊歩道にて




平岡公園

湿原にて




2018年8月18日(土)
藻岩山に登りました。

旭山記念公園から藻岩山山頂を往復しました。
復路は、旭山記念公園の展望台経由で戻りました。

駐車場      08時17分
山頂着      09時39分 (1時間22分)  
山頂発      09時53分 (0時間14分)  
駐車場      11時40分 (1時間47分) (3時間23分)

合計所要時間  3時間23分

(GPS記録)
総上昇量   558m
総下降量   554m

累積標高(+)トラック  617m
累積標高(+)地形   630m

TP積算距離    7.46km

今日は、少し気温が下がったので、快適な登山日和となりました。

山頂からの遠方視程も良好でした。

360度が綺麗に見えたのは久しぶりです。

今日は土曜日ですので、沢山の子供連れに出会いました。

登山道では、花は殆ど見られなくなりました。

できるだけ藻岩山の登山回数を増やして、紅葉撮影に備えなければと考えています。

藻岩山

山頂展望台屋上から見た札幌市街中心部です。




藻岩山

建設中の北電LNG発電所です。
石狩湾新港で建設中です。



藻岩山

同上
左端がLNG発電所用のタンクと思われます。



藻岩山

山頂から見た採石場です。




藻岩山

上:樽前山、恵庭岳
下:手稲山、円山(札幌)



藻岩山

青空です。
久しぶりの青空なので!



藻岩山

旭山記念公園で撮影したパノラマ写真です。
実際には、市街地は目前に見えます。



藻岩山

上:イチゴです。(登山道にて、食痕?)
下:栗です。(下の駐車場にて)



藻岩山

ハマナスです。
旭山記念公園の展望台に沢山植えられています。



2018年8月17日(金)
厚別川(川下公園)の写真です。(8月10日撮影)

(今日の写真)
8月10日に厚別川堤防(川下公園)で撮影した野鳥の写真にしました。

今日も、マンション理事会の仕事で、撮影には出掛けられませんでした。

明日は、藻岩山に登る予定です。

今朝は涼しく感じましたが、黒岳で初雪が降ったのには驚きました。

例年、大雪山系に初雪が降るのは9月上旬以降ですので、季節的には1ヶ月早いです。

現在は、夏山登山の真っ最中ですので、例年の私の場合も簡単な防寒対策しかしていません。

この寒さのために、十勝岳で男性1名が低体温症で死亡したようです。

避難小屋から急登を登り切った付近のすり鉢火口付近で道迷いを起こしたようですが、付近は樹木が全くなく、雨の日などは登山道が比較的判りづらい場所です。

道迷い対策として、GPS装置と地図の携帯をお奨めします。


厚別川 厚別川 厚別川






厚別川 厚別川 厚別川






厚別川 厚別川 厚別川






2018年8月15日(水)
雨の平岡公園を訪れました。

小雨のなか、平岡公園に向かいました。

野鳥の撮影は期待していませんでしたが、駐車場に戻る途中で、久しぶりに野鳥を撮影しました。

野鳥が、園内の舗装道路を採餌しながら歩いているところを遠方から撮影しました。

近づくと、少し飛んで距離をとるので、近づけませんでした。

梅の実は、殆どが落果しています。

まだ、落果したままになっている場所も一部に見られますが、実は殆どが土色に変色しています。

帰路は、土砂降りになりましたが、天気予報では明日も終日雨のようです。

台風18号が発生したようですが、幸い進路が中国大陸になっています。

今年の台風発生数は異常ですね。

気象衛星の雲画像(全球)を見ると、赤道付近には台風に発達しそうな雲が大量にあります。

たぶん、この内から数個の台風が発生するのでしょうね。


平岡公園

鳥名不明ですが、キセキレイの幼鳥かもしれません。




平岡公園

トンボです。




平岡公園

昨年は全く実をつけていませんでしたが、今年は少し
実をつけています。



平岡公園

ドングリらしくなってきました。




平岡公園

同上




平岡公園

湿原にて




平岡公園

ハスです。




平岡公園

湿原にて




平岡公園

同上




2018年8月12日(日)
藻岩山に登りました。

旭山記念公園から藻岩山山頂を往復しました。

駐車場      06時36分
山頂着      08時05分 (1時間29分)  
山頂発      08時20分 (0時間15分)  
駐車場      09時44分 (1時間24分) (3時間08分)

合計所要時間  3時間08分

(GPS記録)
総上昇量   538m
総下降量   557m

累積標高(+)トラック  585m
累積標高(+)地形   646m

TP積算距離    6.62km

前回の藻岩山登山が7月8日でしたので、1ヶ月ぶりの登山となりました。

昨日は降雨がありましたが、藻岩山は雨量が少なかったのか、少し湿っている程度でした。

登山道脇の花達はすっかり秋の花に入れ替わりました。

今年は、マンション管理組合の理事長をやっている関係で、なかなか登山に行く時間がとれません。

ロードヒーティング工事の施工は完了しましたが、まだアスファルト舗装面の調整作業などが残っています。

既存設備に歩道ロードヒーティングを導入したため、歩道の水勾配を1%程度しか取れなかったのが、原因ですが。

1%水勾配(1m当たり1cm)では、アスファルト舗装面を鏡面仕上げのように完璧に平らにすることが必要になりますが、実際は難しいですね。

長い角材を定規代わりに当ててみると、かなり凸凹していることが判ります。

工事の検収前に、どれだけ調整をしてもらえるかが鍵になります。

今月は、この他に、月例理事会と8月下旬から9月上旬にかけてマンション階段室の全面的なLED照明化工事を行います。

その他にも、ひとつ簡単な工事がありますので、9月上旬に工事が終了するまでは、藻岩山に数回登る程度しか時間がとれないと思われます。

紅葉撮影シーズンには、少し時間がとれそうなので、楽しみにしています。


藻岩山

藻岩観音奥の院です。
日曜日ですので、読経の声がしていました。



藻岩山

ヌスビトハギです。




藻岩山
同上
形が足音をたてないよう忍び歩いた泥棒の足跡に似て
いることからついたとする説が定説となっています。



藻岩山

同上
ハギの名前は、萩の花に似ているから。



藻岩山

野イチゴです。




藻岩山

藻岩山山頂にて




藻岩山

ミズヒキです。




藻岩山

キンミズヒキです。




藻岩山

登山道にて




2018年8月10日(金)
厚別川(川下公園)を訪れました。

初めに平岡公園を訪れましたが、すぐに厚別川(川下公園)に向かいました。

厚別川の堤防にある駐車場に駐車して、片道900mほど堤防沿いに歩いて、道路橋を利用して反対側の堤防に移り駐車場に戻ります。

今日は、行きの900mでは囀り聞こえず、全く野鳥に出会えませんでした。

しかし、戻りの900mで沢山の野鳥達に出会うことができました。

以前はよく囀っていたのに、今日の野鳥達は全く囀りませんでした。

子育ても終わり、囀る必要が無くなったのでしょう。

撮影中に、野鳥達は次第に私の歩いている堤防の両脇に近づいてきました。

堤防上の道路脇の草にとまり、私が10m位に近づくと、また飛んで少し先に移動します。

どんなにゆっくり近づいても、やはり7〜8mで飛び立ちました。

最後には、5羽以上いたでしょうが、野鳥達も私を観察していたのかもしれません。


厚別川 厚別川 厚別川






厚別川 厚別川 厚別川






厚別川 厚別川 厚別川






2018年8月7日(火)
平岡公園を訪れました。

昼少し前に平岡公園を訪れました。

人工池で暫くカワセミを待ちましたが、出会えませんでした。

公園内は、カラスが普段よりも異常に多い様に感じました。

場所によっては、廻りを多数のカラスに取り囲まれる感じになるので、少し不気味な気分になります。

葉が赤系統のスモモの落果した実を食べてみましたが、甘みがあって美味しかったです。

完熟した梅の実も食べてみましたが、殆ど酸味は感じませんでした。

高木に野鳥の群れが訪れましたが、強い風で梢が大きく揺れることと、野鳥達が見えない場所にとまったので、とまっている姿を殆ど撮影することができませんでした。

やむを得ず、数羽ずつ時々移動するので、その瞬間を撮影することにしました。

そのため、鮮明な写真にはなりませんでした。


平岡公園
久しぶりの野鳥です。
鳥名は不明です。
群れで行動していました。



平岡公園

高木の梢にとまり、かなり強い風が吹いていたので
横からの姿は撮影できませんでした。



平岡公園

飛んだときの一瞬を撮影しています。




平岡公園

全体を撮影することができません。




平岡公園

トンボです。




平岡公園

蝶?




平岡公園

梅の実です。
まだ少し残っています。



平岡公園

ドングリの殻の部分が生長しています。
実りの秋の準備が進んでいます。



平岡公園

湿原にて




2018年8月5日(日)
平岡公園を訪れました。

今日は、買い物ついでに平岡公園を訪れました。

葉が赤褐色のスモモの木は、実も初めから赤いのですが、成熟して落果し始めていました。

少し拾ってベンチに並べて写真を撮りました。(写真1)

カラスも落ちた実を少し食べているようですが、全体数から見ると僅かです。(写真2)

スモモは酸味が強いので、カラスの好物ではないのかもしれません。

セミは、大音量で鳴いていて、鼓膜に突き刺さるような感じに聞こえていました。

木の上の方で鳴いているように感じますが、下の草にも沢山見つかります。(写真3)

人工池にカメラマンがいて、午前中に2回カワセミが訪れたと話していました。

私は2回訪れてみましたが、カワセミには会えませんでした。

林の中の遊歩道で、普段聞き慣れない鋭い囀りを数回聞きましたが、姿を見ることはできませんでした。

平岡公園

葉の色が赤系統のスモモの実が沢山落ちていました。
少し拾ってベンチに並べてみました。



平岡公園

同上
カラスが食べた跡と思われます。



平岡公園

蝉です。
大音量で鳴いています。



平岡公園

バッタです。




平岡公園

湿原にて




平岡公園

同上




平岡公園

人工池です。
今日は、午前中に2回カワセミが訪れたようです。



平岡公園

遊歩道にて




平岡公園

同上




2018年8月4日(土)
熱源機の敷地に人工芝を敷きました。

今日は、マンション管理組合の仕事で、人工芝の施工をしました。

ロードヒーティングの熱源機を設置した区画が地面剥き出しのため、ホコリを防止するため人工芝を敷きました。

敷地内には、20年間ほど埋めたままになっていたマンホールがあったので、先日掘り出していました。

今日はこの土を土嚢袋に詰めて、掘った穴に一旦埋め、その上に板を敷き補強しました。

一旦埋めたこの穴は、後日業者によりマンホールの嵩上げ工事を行う予定なので、人工芝も仮施工の状態にしています。

作業は、初めに防草シートと人工芝の事前切断を行いました。

その後、土嚢作成と整地を行い、その上に除草剤を撒きました。

次に切断済みの防草シートを敷地全体に敷き、その上に人工芝を敷き、固定用ピンで人工芝の固定をしました。

3人掛かりで、約半日の仕事でした。

整地を完璧にすれば、更に見栄えのする人工芝生になったと思われますが、まずまずの出来映えです。


人工芝

熱源機の敷地です。




人工芝

同上




人工芝
同上
古いマンホールを掘り出しています。
今後、嵩上げして、人工芝と同じ高さにします。



人工芝

人工芝の施工後です。




人工芝

同上




人工芝

同上
3名で、数時間かかりました。



人工芝
同上
穴(写真3)の工事があるので、この部分の芝生は
途中で作業を中断しています。



人工芝

同上




人工芝

早速お客さんがきました。




2018年8月2日(木)
平岡公園を訪れました。

今日の札幌の最高気温は29℃台で、真夏日にはなりませんでしたが、それでも暑いですね。

午前中は、管理組合の仕事で、2時間ほど外で仕事をしました。

私はなんともありませんでしたが、気分が悪くなった人が一人いました。

札幌の最高気温は、先月の25日から今日まで最高気温が29℃を超えています。(1日間だけ28℃台)

札幌市でも、熱中症での死亡者が複数名でています。

暑さで体力が落ちているので、無理は禁物です。

その後、昼頃に平岡公園を訪れました。

野鳥の囀りは一度聞いただけで、カラス以外は殆ど姿を消しています。

まあ、野鳥は涼しい高地に簡単に移動できるので、避暑に出掛けているのでしょう。

遊歩道には、蝉の抜け殻が沢山落ちています。(写真2)

チラホラと蝉の死骸も見られます。(写真3)

梅林の梅の実は成熟して、殆どが落果しています。(写真4〜6)

片付けられた場所もありますが、まだ手つかずの場所もあります。

スモモの実も大きくなっています。(写真9)


平岡公園

オニヤンマです。




平岡公園

蝉の抜け殻です。




平岡公園

蝉です。




平岡公園

落果した梅の実です。




平岡公園

同上




平岡公園

同上




平岡公園

湿原にて




平岡公園

遊歩道にて




平岡公園

スモモです。





  (過去の日記)
   最新版
   2018年08月
    2018年07月
   2018年06月
   2018年05月
   2018年04月
   2018年03月
   2018年02月
   2018年01月
   2017年12月
   2017年11月
   2017年10月
   2017年09月
   2017年08月
   2017年07月
   2017年06月
   2017年05月
   2017年04月
   2017年03月
   2017年02月
   2017年01月
   2016年12月
   2016年11月
   2016年10月
   2016年09月
   2016年08月
   2016年07月
   2016年06月
   2016年05月
   2016年04月
   2016年03月
   2016年02月
   2016年01月
   2015年12月
   2015年11月
   2015年10月
   2015年09月
   2015年08月
   2015年07月
   2015年06月
   2015年05月
   2015年04月
   2015年03月
   2015年02月
   2015年01月
   2014年12月
   2014年11月
   2014年10月
   2014年09月
   2014年08月
   2014年07月
   2014年06月
   2014年05月
   2014年04月
   2014年03月
   2014年02月
   2014年01月
   2013年12月
   2013年11月
   2013年10月
   2013年09月
   2013年08月
   2013年07月
   2013年06月
   2013年05月
   2013年04月
   2013年03月
   2013年02月
   2013年01月
   2012年12月
   2012年11月
   2012年10月
   2012年09月
   2012年08月
   2012年07月
   2012年06月
   2012年05月
   2012年04月
   2012年03月
   2012年02月
   2012年01月
   2011年12月
   2011年11月
   2011年10月
   2011年09月
   2011年08月
   2011年07月
   2011年06月
   2011年05月
   2011年04月
   2011年03月
   2011年02月
   2011年01月
   2010年12月
   2010年11月
   2010年10月
   2010年09月
   2010年08月
   2010年07月
   2010年06月
   2010年05月
   2010年04月
   2010年03月
   2010年02月
   2010年01月
   2009年12月
   2009年11月
   2009年10月
   2009年09月
   2009年08月
   2009年07月
   2009年06月
   2009年05月
   2009年04月
   2009年03月
   2009年02月
   2009年01月
   2008年12月
   2008年11月
   2008年10月
   2008年09月
   2008年08月
   2008年07月
   2008年06月
   2008年05月
   2008年04月
   2008年03月
   2008年02月
   2008年01月
   2007年12月
   2007年11月
   2007年10月
   2007年09月
   2007年08月
   2007年07月
   2007年06月
   2007年05月
   2007年04月
   2007年03月
   2007年02月
   2007年01月
   2006年12月
   2006年11月
   2006年10月
   2006年09月
   2006年08月
   2006年07月
   2006年06月
   2006年05月
   2006年04月
   2006年03月
   2006年02月以前
ホームヘ


http://tjmount.com/

Copyright © 2003-2016 一人歩きの山行記録 All Rights Reserved.